カテゴリ  人生  歴史  おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力

おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力

石田 雅彦井伊 達夫 監修

本体価格: 1300円+税


判型:四六 /並製
ページ数:256
初版年月日:2016/08/12
ISBN:978-4-7572-2470-4
ASIN:4-7572-2470-2

好評発売中!

紙書籍購入者には、PDF無料ダウンロード特典付き!


2017年NHK大河「おんな城主 直虎」主演・柴咲コウで話題の井伊直虎の魅力を、 大河放送前に先取り。

京都井伊美術館 館長 井伊達夫氏に監修いただき、遠江井伊谷の国人領主から近
江彦根藩35万石まで昇りつめた、井伊の赤備え“徳川四天王”譜代筆頭、江戸時
代・大老を輩出した井伊家(井伊直弼ら)の謎に迫ります!


【お詫びと訂正】
『おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力』の本文中におきまして誤りがございましたので、以下のように訂正させていただきます。読者の皆さまにご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

○249ページ、写真説明文 1行目
〈誤〉井伊直政 → 井伊直弼〈正〉

目次

Table of contents

第1章 井伊氏と湖北地方の魅力
井伊直虎の故郷
古代の井伊谷
[コラム]井伊谷への道
水の一族、井伊氏
井伊氏、祖先の出生譚
[コラム]井伊氏の家計図

第2章 井伊氏が登場した歴史
『保元物語』に井伊氏が登場
[コラム]荘園の誕生
誇り高き八介の一つ、井ノ介
国人領主としての井伊氏

第3章 南朝方で戦った井伊氏
井伊氏、南北朝の動乱に巻き込まれる
[コラム]駿河姫と尹良親王
再び井伊谷へ入った宗良親王
[コラム]空白の六代
南朝方として戦った井伊氏
[コラム]宗良親王を祀る

第4章 中世の動乱と井伊氏の魅力
なかなか終息しない南北朝動乱
南北朝は一時的な統一へ
南北朝動乱と井伊氏との関係
井伊氏、九州へ動員される
今川了俊と井伊氏

第5章 井伊氏、戦国時代へ
井伊氏の支族と「ひよんどり」
応仁文明の乱前の井伊氏
血なまぐさい中世の合戦
井伊氏と応仁文明の乱
井伊氏の本心とは
[コラム]斯波義達のこだわり
井伊氏の敗北と遠江の今川支配
[コラム]東海道における足利一族の争い
戦国大名化する今川氏
強まる「国」の意識
明応の大地震と井伊氏
[コラム]浜名橋のあれこれ
今川氏に家督争いが勃発
今川義元と花蔵の乱
今川氏と後北条氏が対立した理由
河東の乱と井伊氏
井伊氏の菩提寺、龍潭寺と今川氏
[コラム]戦国時代の名僧高僧

第6章 井伊氏、滅亡の危機に瀕する
娘を差し出して今川氏へ臣従した直平
「女戦国大名」寿桂尼とは
[コラム]戦国時代の女性武将
井伊氏に襲いかかる惨劇
今川氏の領国支配制度とは
亀之丞、信濃国へ
[コラム]オコノ次郎の伝説
宗牧の訝しい行動とは
[コラム]連歌を好んだ戦国武将
井伊家の家老、小野氏とは
次郎法師直虎の誕生

第7章 井伊氏を再び襲う危機
井伊直親の帰還
井伊氏と桶狭間の戦い
松平氏が一気に浮上
家康の数奇な運命
井伊直親の最期

第8章 おんな地頭直虎
遠州?劇へ
遠江国で連続する反今川蜂起
遠州?劇と三河一向一揆
おんな地頭、井伊次郎法師直虎
「井伊谷徳政令」との格闘
直虎、最後の井伊谷当主に

第9章 井伊直政の誕生
虎松(直政)、鳳来寺へ
[コラム]今川氏凋落の原因とは
家康はどの経路で遠江入りしたか
家康が完敗した三方ヶ原の戦い
井伊万千代の誕生
武田勝頼との戦い
信康築山殿事件についてのある考え方
[コラム]高天神城

第10章 赤備えの井伊直政
直政の出世ぶりと直虎
直政はなぜ異様な速さで出世したか
旧武田氏遺臣団の編入
井伊の赤備えの誕生
赤備え、小牧長久手の戦いで初陣
[コラム]甲冑とはなにか
井伊家臣団の特徴
直政の食べた芋煮
秀吉からも評価された直政
直政、箕輪城主に
[コラム]直政と秀吉
秀吉後の権力闘争
秀忠軍、遅れる
直政の死
[コラム]人斬り兵部

エピローグ 幕末の嵐
二代彦根藩主、直孝
元和偃武
幕藩体制下における井伊氏
井伊直弼の銅像

おわりに

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】
石田雅彦〔いしだまさひこ〕
昭和34(1959)年、北海道生まれ。法政大学経済学部卒業後、雑誌編集記者、雑誌編集長などを経て株式会社醍醐味エンタープライズ代表。2016年現在、横浜市立大学医学研究科修士課程医科学専攻在学中。作家、サイエンス・ライター、書籍編集者、出版プロデューサーとして、自然科学から社会科学まで精力的に取材の幅を広げ、雑誌連載や雑誌・書籍の企画制作など、多彩な著述・編集活動
を行っている。著書は『座頭市 THE LAST』(扶桑社、ノベライズ)など多数。

【監修者プロフィール】
井伊達夫(兵部・直達)〔いいたつお〕
井伊美術館(http://www.ii-museum.jp/)館長 昭和17(1942)年、滋賀県彦根市生まれ(旧姓中村)。
幼時より歴史と甲冑武具に興味をもち、先祖の井伊家の歴史、特に軍事・軍制について研究をはじめる。史料や史話の採集と保存にもつとめ、実戦刀術・古兵法を探求する。昭和45年、彦根藩甲冑史料研究所、昭和60年、戦陣武具史料館(京・下鴨)、平成11年、甲刀修史館(京・東山)を開設。一方、歴史文学にも志し、『越の老函人』で北日本文学賞(井上靖選)、『宮王守』でグラフィック茶道小説新人賞(多岐川恭選)、その他『断絶の本懐』『妖怪』『異聞勝川の鎧』等多数。平成17年井伊家嫡流名跡相承後、甲刀修史館を「井伊美術館」と改称。現京都井伊美術館館長、日本甲冑史学研究会会長(同会主任鑑定員)、その
他彦根藩史料研究普及会、日本甲冑研究交歓会、甲刀倶楽部など甲冑史学関係団体を主宰。著書は『井伊軍志?井伊直政と赤甲軍団?』(彦根藩史料研究普及会)など多数。

【本誌購入プレゼント】
【スマホ&タブレット用電子版のダウンロード】

本誌ご購入の方には、もれなく電子版をプレゼントしております。(弊社提携先の「アカシック ライブラリー」に移動します)

○以下のサイトにアクセスしてください。
https://goo.gl/DpYbSC

もしくは上記の「紙書籍購入者には、PDF無料ダウンロード特典付き!」をクリックしてください。

※アカシック ライブラリーへの登録が必要となります。(未登録ですと、パスワード入力欄がでてきません)

○案内されたパスワードを所定の欄
(書影下の「電子書籍の入手はこちら」パスワード入力欄)
に入力してください。

○パスワードを入力後、「電子書籍を入手」をクリックしてください。

○書影下の「PDF ダウンロード」をクリックしてください。

パスワードが認証されますとブラウザで本誌電子版を読むことができます。また、PDF版もダウンロードできますので、電波の届かないところでも快適に読むことができます。ただし、本誌のPDF版はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

※本誌の電子版は固定レイアウトで作成されており、タブレットやパソコンなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

今回の重版分(16年11月11日出来、2刷)より、時限再販商品に切り替えましたことをお知らせいたします。
【対象商品】
『おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力』(ISBN978-4-7572-2470-4』
【再販期間】
2016年12月31日まで ※2017年1月1日以降は非再販商品となります。

関連リンク

Link