カテゴリ  人生  パソコン・スマホ  ネットで人生棒に振りかけた!

ネットで人生棒に振りかけた!

先の読めない時代の情報版「引き寄せの法則」

新田 哲史

本体価格: 1200円+税


判型:新書 /並製
ページ数:248
初版年月日:2015/12/08
ISBN:978-4-7572-2438-4
ASIN:4-7572-2438-9

好評発売中!

紙書籍購入者には、PDF無料ダウンロード特典付き!


凡才は天才をテコにのし上がれ!
誰でもできる「あほロアー戦略」。
僕が“独立戦争”に勝利したノウハウをすべて公開します!


〈推薦!〉

20年後には、約5割の職業がなくなると言われる時代。
求められるのは、新田氏のような“仕事を生み出す力”だ。
乙武洋匡

まるでネットの「わらしべ長者」だね。
堀江貴文

目次

Table of contents

第1章 大手新聞社を辞めた「意識高い系(笑)」だった私は地獄を見た
 「なんで読売を辞めちゃったんですか?」
 社会は勉強だけで道が開けない
 下積み生活が長い新聞社
 記者としての基礎を鍛えられる
 【人生を棒に振らないための教訓1】
 〈どんな華やかに見える仕事も最初は下積み。凡人は下積みなくして「独立」はできない。〉
 衝撃だったホリエモンの出現
 新聞業界の衰退に不安を募らせる
 佐々木俊尚氏に煽られる
 新聞記者はつぶしがきかない
 【人生を棒に振らないための教訓2】
 〈先のことは誰にもわからないから、偉大な先輩の言葉であっても鵜呑みにしない。〉
 “福山龍馬”に感化される
 【人生を棒に振らないための教訓3】
 〈歴史上の偉人に自分を過剰に投影するな! 歴史に学ぶなら凡才に学べ!〉
 転職初日にメールの書き方から指導
 能力不足で戦力外に
 【人生を棒に振らないための教訓4】
 〈転職は慎重に。会社にしがみつくのも立派な選択。〉

第2章  リア充はリアルでつかむしかない
 想定外だった独立開業
 自分の心の声を聞いてブロガーデビュー
 【人生を棒に振らないための教訓5】
 〈やりたいことをやるのが一番。書くことで自分の考えをまとめられる。〉
 苦渋を舐めた初の「ネット選挙」
 ネットでは陰謀論者が最強!?
 都知事選でリベンジを画策
 僕らの選挙イノベーション
 大雪以上に想定外だった家入氏の区長選発言
 起業プロセスを疑似体験した都知事選
 【人生を棒に振らないための教訓6】
 〈「自ら機会を作り、機会によって自らを変えよ」は本当です。〉
 都知事選を機に活躍の場と人脈が広がる
 人脈には正負両方のスパイラルがある
 人脈はリアルコミュニケーションで生まれていく
 【人生を棒に振らないための教訓7】
 〈人脈はリアルで生まれる。ネットはそれを生かすためのテコ。〉
 無名の会社を全国区にする喜び
 元記者だからこそ政治や社会問題のマーケティングに注力
 【人生を棒に振らないための教訓8】
 〈自分の特技、個性を発揮して社会参画することが最上の喜び。〉
 「引き寄せの法則」を実感したテレビ進出、そして……

第3章 凡才だからこそできた「あほロワー」戦略
 凡人の生き残り戦略「あほロワー」とは?
 時代を作っていく“リーダー”的人材とは?
 戦国武将に学ぶ「あほロアー」戦略
 【人生を棒に振らないための教訓9】
 〈凡人は「あほロアー」戦略で、時代を作る天才を見極め、徹底してついていくべし。〉
 文章から見える天才性の有無
 ツイッター上の論戦からわかる機転の鋭さ
 気難しい天才に取り入る「猛獣使い」の極意
 団塊ジュニア世代以下は、マーケティングの素養を体得すべし
 マーケティングを悪視する朝日の論説主幹にドン引き
 新田流パーソナル・マーケティング
 田原総一朗から学ぶ「企画で食べていく」
 【人生を棒に振らないための教訓10】
 〈自由に働いて生きていきたければ、自分で企画を作るしかない。〉

第4章 ネット世代が知るべき「不都合な真実」
 「あほロアー=情弱」であってはならない
 情報爆発の時代をインテリジェンスで生き抜く
 “バカッター”問題でわかったスマホ世代の情弱ぶり
 身近なインテリジェンス。就活で実践すると
 【人生を棒に振らないための教訓11】
 〈敵を知り、己を知れば百戦危うからず……情報こそ命。〉
 ヒューミントで裏を取る
 「キュレーション」の功罪
 仮説を定説化する反知性主義者たち
 マークシート教育と“権力寄り”報道が日本人を情弱化
 企業は巧妙にステマをし、新聞は情報に角度を付ける
 【人生を棒に振らないための教訓12】
 〈世の中には不都合な真実がある。疑うことで考えよ。〉

第5章 情弱のためのインテリジェンス講座
 違う意見の人のフォローから始める
 「伝わる」から学んだ“認識のインテリジェンス”
 【人生を棒に振らないための教訓 その13】
 〈価値観が多様な時代。情弱にならないために相手のパーセプションを把握せよ。〉
 ニュースアプリが情弱を“拡大生産”する
 ネット時代こそ輝く伝統メディアの編集力
 新田流ニュースチェック ~新聞社サイトが一番面白い時間帯
 取得した知識は、フェイスブックの議論で磨き上げる
 【人生を棒に振らないための教訓 その14】
 〈ネットでプロの知見を上手に集めよう。〉
 「聞き書き」だけの自分から脱却
 読み通りだった新国立競技場見直し
 人脈と情報を駆使し望外の幸福を得る

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】
新田哲史(にったてつじ)
言論プラットフォーム「アゴラ」編集長/ソーシャルアナリスト
1975年生まれ。早稲田大学卒業後、読売新聞東京本社入社。地方支局、社会部、運動部で10年余、記者を務めたあと、コンサルティング会社を経て2013年独立。大手から中小ベンチャーまで各種企業、政治家の広報・ブランディング支援に従事する。執筆活動も積極的に行ない、東洋経済オンライン、現代ビジネス(講談社)、「アゴラ」「BLOGOS」などのネットメディアに寄稿。2015年10月から「アゴラ」編集長に就任。本書が初の著書となる。

【本誌購入プレゼント】
【スマホ&タブレット用電子版のダウンロード】

本誌ご購入の方には、もれなく電子版をプレゼントしております。(「アカシック ライブラリー」に移動します)

○以下のサイトにアクセスしてください。
https://goo.gl/m8kgFj
もしくは上記の「紙書籍購入者には、PDF無料ダウンロード特典付き!」をクリックしてください。

※アカシック ライブラリーへの登録が必要となります。(未登録ですと、パスワード入力欄がでてきません)

○案内されたパスワードを所定の欄
(書影下の「電子書籍の入手はこちら」パスワード入力欄)
に入力してください。

○パスワードを入力後、「電子書籍を入手」をクリックしてください。

○書影下の「PDF ダウンロード」をクリックしてください。

パスワードが認証されますとブラウザで本誌電子版を読むことができます。また、PDF版もダウンロードできますので、電波の届かないところでも快適に読むことができます。ただし、本誌のPDF版はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
※本誌の電子版は固定レイアウトで作成されており、タブレットやパソコンなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。