カテゴリ  生活  サブカルチャー  凄い!ジオラマ

凄い!ジオラマ

情景師 アラーキー

本体価格: 1980円+税


判型:A5 /並製
ページ数:160
初版年月日:2015/05/08
ISBN:978-4-7572-2397-4
ASIN:4-7572-2397-8

好評発売中!

写真か本物か? 見分けがつかないほど精緻で繊細なジオラマをつくり続ける情景師アラーキー。国内はもちろん、海外でも「日本に凄いジオラマビルダーがいる」と評判が広がり、テレビ番組でも「タモリ倶楽部」「マツコ&有吉の怒り新党」「中川翔子のマニア★まにある」で大反響を呼んでいる。その凄すぎる情景師アラーキーの初の著書が、この『凄い! ジオラマ』。映画のワンシーンを、その世界観までリアルに再現した「ゴッサムシティ」、作品の〝行間〟から物語がほとばしる「トタン壁の造船所」、草むらに置かれたバキュームカーだけで、昭和をするどく表現する「昭和の終わりに」など、本書にはアラーキーの代表作が惜しげもなく展開される。しかし、本書は単なる写真集ではない。作品の背景、ストーリー、生まれいずるきっかけ、さらには制作のプロセスまでが、ていねいにきめ細かくユーモラスに語られる。緻密で広大、繊細で大胆な物語がこめられた、この唯一無二の〝情景〟を、ぜひ楽しんでいただきたい。

目次

Table of contents

はじめに

作品名「ゴッサムシティ」
・映画のワンシーンを再現したのではなく、映画のセットを再現したかったのです
・退廃した架空都市を自分視点の妄想が入って再現すると・・・・・・
・室外機、カーテン、ブラインド・・・・・・窓辺の奥には物語があります
・窓の外にあるのは名シーンを生む舞台装置
・ゴミ捨て場を再現しよう! と思う人って・・・・・・
・捨てられた空き缶は凹んでいるのが自然ですよね
コラム ゴミ袋の作り方
コラム 極小の空き缶
コラム 空き缶&空き箱の作り方

作品名「港の片隅で」
・Googleの画像検索でふと目に留った 1枚の写真から広がった世界
・ジオラマの世界にも時間の流れが存在するのです
・朽ちた木の肌をどう再現するか 悩んだ結果・・・・・・答えは紙でした
コラム 生活の再現
コラム 廃船の作り方

作品名「やきいも」
・博物館に飾ってあった1枚の屋台写真から
・映画「ALLWAYS三丁目の夕日」を観たあとの感動を引きずって
コラム 道具と画材いろいろ

作品名「昭和の終わりに」
・知らない車が集められていた 国道沿いの廃車置き場は宝の山に見えました
・幼少の私にとって、バキュームカーはスポーツカーよりも魅力的でした
コラム 猫のいる光景
コラム パンクタイヤの作り方

作品名「トタン壁の造船所」
・「必ず生きて還ってふたりで造船所を開こう!」 その港町には、戦後と友情が残っていた
・プラモデルメーカーからの挑戦状!? スケールを組み合わせる妙味
・建物の内と外、ジオラマは見る方向で異なる物語があります
コラム トタン壁の作り方
コラム 指との比較
コラム 材料仕分けBOX

作品名「西瓜の夏」
・石橋、西瓜、せせらぎ、夏の匂い・・・・・・ 川には鯉を泳がせたい
コラム ツタの再現方法

作品名「かぶとむし」/「てんとうむし」
・魅力的な状態を追い求めて美しい錆の世界へ
・朽ちてゆくものに哀愁を感じる日本人
コラム 妄想プラモシリーズ
コラム 錆の再現方法
コラム 自宅撮影シーン

作品名「混沌の街」
・作りたい衝動と作りたくない葛藤 バランスを取ったらあの人が登場
コラム スケール&Google

作品名「赤灯台の防波堤」
・父の故郷にある防波堤 そこにあるのは懐かしい記憶
コラム ベース(台)
 
作品名「悪役1号」
・痛快!豚を主人公にした 宮崎アニメの原点がここに
コラム 透明レジン
コラム ジオラマ保管箱

作品名「ATTENTION」
・さすがイタリア男、軍人であっても当然のように女性に声をかけるのです

作品名「神々が住む」
・型取りの手法で ああ、思い出のアンコールワット
コラム ジオラマがある我が家の日常
コラム ジオラマ作業場

作品名「名刺サイズ情景」
・名刺の面積があればじゅうぶんに自己表現できる空間を生み出せます

作品名「Go!fishing」
・中学生の僕と20歳の僕のコラボレーション作品の誕生
コラム ジオラマ夫婦の旅行
コラム ジオラマ年賀状

解説 人間くささがあるから、「再景」「現景」ではなく「情景」なのです
〈石黒謙吾〉

おわりに

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】
情景師アラーキー/荒木 智(あらき・さとし)
69年東京生まれ。幼少のころに母に教わった「箱庭づくり」と特撮映画の影響で模型に興味をもち、プラモデル三昧の少年時代を過ごす。中学時代に本格的に始めたジオラマ作りにハマり、各種模型コンテストに出品し腕を磨く。ものづくりの楽しさを生業とすることを決心し、大学では工業デザインを学ぶ。家電メーカーにプロダクトデザイナーとして入社し現在も在籍。30代前半でのコンテスト受賞をきっかけに、各種模型雑誌からの依頼を受けジオラマ作品を多数発表。サラリーマン作家としてアフター5と休日を使って創作活動を続けている。
Blog[情景師アラーキーのジオラマでショー]http://arakichi.blog.fc2.com/

【イベント情報】
●フジサワ名店ビル(神奈川県JR藤沢駅前)・6階ギャラリーにて
情景師アラーキー・荒木智の≪懐かしい!昭和ジオラマ展≫

フジサワ名店ビル開業当時の「屋上観覧車」も本邦初公開!

「マツコ&有吉の怒り新党」「情報ライブミヤネ屋」などマスコミでも話題沸騰の世界的ジオラマ・エンターテイナーが創り出す超リアルな《ミニチュア昭和情景》!
▶ 開催日時 2015年12月1日(火)~12月6日(日) 10時00分~21時00分
▶ 開催場所 6階ギャラリー
▶ 観覧無料

◎荒木智トークショー
進行:西川りゅうじん
日時:2015年12月6日(日)13:00~14:30
会場:フジサワ名店ビル(神奈川県JR藤沢駅前)・6階Aホール
※有隣堂藤沢店にて荒木智先生の作品集『凄い!ジオラマ』(アスペクト)を購入して持参するとサインと写真撮影のサービスがあります!



●青山ブックセンター本店(http://www.aoyamabc.jp/store/honten/ )にて、2015年8月10日より、情景師アラーキーさんの『凄い!ジオラマ』掲載の実物ジオラマを展示します!
8月一杯の展示予定です。(会期終了いたしました)

●紀伊國屋書店新宿本店7階にて「凄い!ジオラマ」の実物を展示しています。
2015年7月一杯の展示の予定です。
写真撮影も可能!
(会期終了いたしました)

6月13日(土)
「Bookcafe 6次元」にて
住所 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-3-2F

『凄い!ジオラマナイト』
情景師アラーキーさんと、本書をプロデュース・編集した石黒謙吾さんのトーク&スライドイベントを開催します!

日時:2015年6月13日(土)
時間:19:30 ~(開場19:00)
参加費:1500円
予約:件名を『凄い!ジオラマナイト』とし、 名前、人数を明記の上、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp ナカムラ様まで。



【イベント展示】
「凄い!ジオラマ」の情景師 アラーキーさんの実物ジオラマを展示いたします。

■開催日程:2015年4月24日(金:初版搬入日)〜1ヶ月程度

■開催場所:八重洲ブックセンター本店 B1フロア
        〒104-0028 東京都中央区八重洲2−5−1

■展示物:ジオラマ1点展示、ジオラマ写真A3パネル展示(10枚程度)



【イベント展示】
■さかつうギャラリー
http://www.sakatsu.jp/
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-25-13 クラブリーシュ1F
TEL03-3949-2892

【概要】
情景師 アラーキーさんのジオラマ展示を下記日程で開催いたします。
*2015年4月29日〜5月3日

”凄い!ジオラマ”展
超リアルなミニチュア情景の世界
情景師アラーキー
http://www.sakatsu.jp/event/event.html#arakisatoshi20150426

『凄い!ジオラマ』を店頭ならびにWEBショップでも販売しております。
※おかげさまで、大盛況にて、会期終了いたしました。書籍も完売、誠にありがとうございます。


【イベント展示】
■模型ファクトリー
http://mokei-factory.com/
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス 7F
TEL03-6457-7735

【概要】
情景師 アラーキーさんのジオラマ展示を下記日程で開催いたします。
*2015年5月4日〜5月6日
『凄い!ジオラマ』を店頭でも販売しております。
※おかげさまで、大盛況にて、会期終了いたしました。書籍も完売、誠にありがとうございます。

関連リンク

Link