カテゴリ  生命  スポーツ  阪急 近鉄 南海あるある

阪急 近鉄 南海あるある

エスペランサプロジェクト

本体価格: 1000円+税


判型:新書 /並製
ページ数:192
初版年月日:2013/07/26
ISBN:978-4-7572-2232-8
ASIN:4-7572-2232-7

2013年7月17日発売!

阪急ブレーブス・近鉄バファローズ・南海ホークス
こういったプロ野球チームが、パ・リーグに存在していたこと、若い人たちはご存知だろうか?

関西に存在した、監督、選手、助っ人外人まで、すべてに味のある三球団だった!
ノムさんも野茂も所属していた……
福本豊は国民栄誉賞の打診があったとき断った……
江夏の21球の相手は近鉄だったし……
デッドボールを受けて負傷してフェイスマスクをかぶって活躍したチャーリー・マニエル……等々。

野球大好きおじ様にとって、この上ない酒の肴になっていたチーム達なのだ。
今では考えられないが、あの頃の野球人気はスゴかった!
ファンも選手も一つになり、その日の勝利に一喜一憂を繰り返す。

もう一度……あのときの興奮を味わいたい!
燃える野球大好き人間の皆さまに向けた、なつかしの関西三球団のあるある本がここに完成!

お酒や会話のお供に一冊どうですか?

目次

Table of contents

第1章 三球団トリビア
第2章 歴史に残るスーパースター
第3章 忘れえぬ名勝負
第4章 伝説の戦士たち
第5章 偉大なる助っ人たち
第6章 懐かしの野球場
第7章 激闘! 日本シリーズ
第8章 泣ける名言
第9章 超難問雑学