カテゴリ  生活  サブカルチャー  死ぬかと思ったHスペシャル

死ぬかと思ったHスペシャル

田中 圭一林 雄司 原案協力

本体価格: 524円+税


判型:B6 /並製
ページ数:304
初版年月日:2013/06/07
ISBN:978-4-7572-2230-4
ASIN:4-7572-2230-0

2013年5月27日発売

夫婦のアレを友達に見られる、母親に彼氏を取られる、先生に恥ずかしい言葉を訊く…人に言えないほどエッチで、人に言いたくなるほど笑える実話コミック!累計150万部突破の大人気実話投稿シリーズを、パロディマンガの巨匠がちょっとHにマンガ化!おまけに300ページ超で定価550円のサービス価格!売り切れ御免!

※2014年3月25日新しい帯を着けて、見た目大変身!表紙画像のものです。

目次

Table of contents

Vol.1 尻に火がついた

Vol.2 飼い犬に下半身ペロペロ

Vol.3 彼女の母親にラブメール

Vol.4 クリトリスってなんですか?

Vol.5 コンニャクとイソギンチャクとしびれフグ

Vol.6 子供が見てはいけないもの

Vol.7 長距離ヒッターの孤独

Vol.8 諸事情により……

Vol.9 エーックス!エーックス!エーックス!

Vol.10 白くてネバネバの巨塔

Vol.11 がんばれ女性
1
Vol.12 春のバカップル祭り

Vol.13 アソコ危機一髪

Vol.14 恐るべし小学生

Vol.15 禁断の思い出

Vol.16 負けるなめげるなOL&サラリーマン

Vol.17 若気の至り 思春期の赤っ恥

Vol.18 偉大なるカンちがい野郎ども

Vol.19 男と女 そのマヌケな日々

Vol.20 動物がらみで死ぬかと思った

Vol.21 あの人もやっぱり死にかけていた

Bonus Truck 田中K一の死ぬかと思った

その他情報

Other Information

田中圭一 (たなか けいいち)
1962年5月生まれ。大阪府枚方市出身。掟破りのサラリーマン兼ギャグ漫画家。『ドクター秩父山』『昆虫物語ピースケの冒険』(など、お下劣ギャグのヒット作を次々と生み出す。近著に『教えて!真夢子ね〜さん』(サイゾー)、『イカれポンチ』(KKベストセラーズ)、『死ぬかと思ったTH』(小社)などがある。

ご好評いただいている、田中圭一さんによるコミック版「死ぬかと思った」シリーズ、「死ぬかと思ったH」「死ぬかと思ったWH」をコンビニ向け廉価版コミックとして再編集してお贈りします!表紙は旧来の「死ぬかと思ったH」シリーズとはまったく異なる、エッチで恥ずかしくもポップでカワイイ感じになってます!来年春発売予定の最新刊『死ぬかと思ったH4(仮題)』まで、コレでたっぷり楽しんでください!

関連リンク

Link