カテゴリ  生活  音楽・映画・落語  タカラヅカファンあるある

タカラヅカファンあるある

空野 りか

本体価格: 1000円+税


判型:新書 /並製
ページ数:176
初版年月日:2013/07/05
ISBN:978-4-7572-2223-6
ASIN:4-7572-2223-8

2013年6月25日発売!
祝100周年!!!
清く、正しく、美しく

ようこそ、ようこそ、私たちの愛してやまない夢の世界、タカラヅカへ

目次

Table of contents

お茶会カウントダウン
OH タカラヅカあるあるベスト50
隠れファンあるある
あるある初観劇→初心者編
劇場でのトホホあるある
タカラヅカファン用語集
ファン図鑑&ファン定点観測
ヅカファン家族あるある
ファン座談会・Part1
あるあるシリーズ後半編
ファン座談会・Part2
宝塚歌劇用語集 タカラヅカ舞台用語集
おわりに

その他情報

Other Information

空野りか
エディター兼ライター。出版社に勤務後、フリーに。初観劇は幼児期(76年『ベルサイユのばらIII』)だが記憶になし。記憶している観劇歴は100周年で30年(ブランクあり)。死ぬまでタカラヅカを楽しみたいから、タカラヅカフォーエバーが合い言葉。タカラヅカへの情熱だけで生きています。
白ふくろう舎 
美しいものに目がないイラストレーター。脱サラ後フリーランス13年目、東京在住。キラキラ少女漫画、お姫様系イラストで、出版・広告・イベント等、媒体を問わず活動中。タカラヅカ初観劇 は星組『恋の冒険者たち』『フェスタ・フェスタ』。ヅカカラ定番は『ある愛の伝説』と、絵柄同様に昭和をひきずり気味。『愛と青春のすみれキッチン』(祥伝社刊)『トンペンあるある』(扶桑社刊)など。

100周年を迎える宝塚歌劇団。
目もくらむような美しい舞台でわたしたちを魅了したかと思うと、
「ええっ!?」と驚くような発表でわたしたちを翻弄します。
「もう、あなたにはついていけないわ」と少し気持ちが離れても
「わたしたち、弄ばれているのかも」と疑いの気持ちが芽生えても、
やっぱり愛さずにはいられない、罪なお方……。

そんなタカラヅカに惚れてしまった
健気で慎ましいファンの日々から飛び出す
「ああ、あるある!」なエピソードを詰め込みました。
タカラヅカに出会ったばかりの方のための
数々の用語集から、
「ええ、そんな応援しているの?」
「へえ、そういうタカラヅカライフを送っているのか」
とディープなファンでも楽しめ共感できる
タカラヅカファン座談会まで盛りだくさんの一冊です。

タカラヅカに出会ったばかりの貴方から
タカラヅカを観始めてウン十年の貴方まで
この本をとって下さった方みなさまに、必ずや
「うん、あるある!」と言っていただけるのではないでしょうか。
そして、ここまで99年間続いて来た宝塚歌劇団と、
99年間タカラヅカを愛し、
時には温かく、時には厳しく、時には暑苦しく
応援し続けて来たファンとの、
確かな絆を感じ取っていただけましたら本望です。

遠征の気楽なお伴に、贔屓組の公演の谷間のヒマなときに、
あるいはタカラヅカに一目惚れしたばかりの貴方の手引きとして
気軽に楽しんでいただけますと幸いです。