カテゴリ  生命  ヘルス  アナーキー・イン・ザ・子どもかわいい

アナーキー・イン・ザ・子どもかわいい

槙田 雄司

本体価格: 1300円+税


判型:四六 /並製
ページ数:224
初版年月日:2013/09/18
ISBN:978-4-7572-2221-2
ASIN:4-7572-2221-1

2013年9月5日発売!

「親になるということは、正気ではなくなるということだ!」
ジャンルを超えて活躍する今いちばん多才な男、マキタスポーツ(女児2人あり)が描く、いまだかつて誰も読んだことのないタイプの子育てエッセイ。小島慶子との特別対談も収録。

目次

Table of contents

Chapter01 親気の至り
Chapter02 ところで、保育園にはいろいろな事情がある
Chapter03 子供にバレないように身を隠し、園生活を覗くのである
Chapter04 子供の名前が決まった
Chapter05 君は子供を前に普通でいられるか
Chapter06 …それでいいのか!バカボンのパパ
Chapter07 “オマル”がくすぐったくなってきた
Chapter08 キス
Chapter09 子供のケンカに親が出る
Chapter10 子供を叱る
Chapter11 セックスって何?
Chapter12 我がアンセム
Chapter13 チンチン問題
マキタスポーツ、子育てを語る㈰
Chapter14 人はどうして「照れる」のだろう
Chapter15 子供の頭が悪い
Chapter16 兄妹、あるいは姉妹
Chapter17 子供がドロボー!?
Chapter18 「好き嫌い」を無くせ!?
Chapter19 フワフワの誕生日
Chapter20 好き最前線
Chapter21 天使達の文章力
Chapter22 お笑い好きな娘
Chapter23 子供はかわいい、が、そのかわいいという気持ちには何か奇妙なものが含まれている
Chapter24 サンタの種明かしはいつすればいいのか
Chapter25 キョウダイゲンカ
Chapter26 学童賛歌について
Chapter27 娘と風呂
マキタスポーツ、子育てを語る㈪
Chapter28 夏休みと監視
Chapter29 ある「ブーム」について
Chapter30 マジカル言語
Chapter31 自転車に乗らせたい
Chapter32 「子供」に「映画」
Chapter33 反抗期
Chapter34 長女のブラジャー
Chapter35 こどものいる食卓
Chapter36 運動会と名前
Chapter37 親が遣われる?
Chapter38 これ出来る?
マキタスポーツ、子育てを語る㈫

マキタスポーツ×小島慶子 対談

その他情報

Other Information

槙田雄司(まきた ゆうじ)
1970年生まれ。芸名:マキタスポーツ。芸人×ミュージシャン、コラムニスト、俳優、音楽制作ユニット「マキタ学級」リーダー。バンド『マキタ学級』を率いるミュージシャンでありながら、ビートたけし、浅草キッドも支持する実力派芸人であり、又、独自の批評的見地から音楽や時事問題を考察、論評するコラムニストでもある。2013年、映画『苦役列車』での演技が高く評され、ブルーリボン賞・新人賞及び第22回 東京スポーツ映画大賞・新人賞を受賞。TX系連続ドラマ「みんな!エスパーだよ!」での怪演ぶりが業界関係者に止まらず強烈なインパクトを与え続けている。著書に、『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)、CDに『推定無罪』(ビクターエンタテインメント)など。

芸人、ミュージシャン、俳優、コラムニストと、今いちばんジャンルを超えた八面六臂の活躍を見せている才人、マキタスポーツ(槙田雄司)さんが、ベストセラー『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)に続いて送るのは、なんとご自身の娘さん(二人)をモデルに描く、子育てエッセイです。とはいってもこの異才が描く「子育て」が普通の「子育て」であるわけもなく、「子供はかわいい、が、そのかわいいという気持ちには何か奇妙なものが含まれている」という一文が表すような、子育てにまつわり妙な、ザワザワする、でも愛おしい気持ちを、そのまま文章化したような、類を見ない育児エッセイになっています。同じく独自の子育て観をラジオなどで語っている小島慶子さんとの特別対談も収録!人の親である方も、そうでない方も、目からウロコ、ハートにビン!とくる一冊です。

関連リンク

Link