カテゴリ  生活  サブカルチャー  死ぬかと思ったTH(とりぷるえっち)

死ぬかと思ったTH(とりぷるえっち)

田中 圭一林 雄司 原案協力

本体価格: 952円+税


判型:B6変 /並製
ページ数:156
初版年月日:2012/07/06
ISBN:978-4-7572-2086-7
ASIN:4-7572-2086-3

母親の3Pビデオを見てしまう、隣の奥さんにテンガ見られる、結婚式に出席したみんなが花嫁の元カレ……ウソみたいだけどホントにあった、エッチすぎて笑える限界ギリギリの超恥ずかし臨死体験集。シリーズ250万部突破(単行本・文庫累計)の超人気投稿シリーズを、ギャグマンガの巨匠がみたび漫画化! 二年ぶり、今回も1ページ残らず全部書き下ろしです!(マジ)

目次

Table of contents

母親の3Pビデオを見てしまう、隣の奥さんにテンガ見られる、結婚式に出席したみんなが花嫁の元カレ……ウソみたいだけどホントにあった、エッチすぎて笑える限界ギリギリの超恥ずかし臨死体験集。シリーズ250万部突破(単行本・文庫累計)の超人気投稿シリーズを、ギャグマンガの巨匠がみたび漫画化! 二年ぶり、今回も1ページ残らず全部書き下ろしです!(マジ)

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

 田中圭一(たなか けいいち)

1962年5月生まれ。大阪府枚方市出身。掟破りのサラリーマン兼ギャグ漫画家。『ドクター秩父山』『昆虫物語ピースケの冒険』(ともに小社)など、お下劣ギャグのヒット作を次々と生み出す。近著に『教えて!真夢子ね〜さん』(サイゾー、2012年夏刊行予定)、『神罰(改訂版)』(イーストプレス、2012年秋刊行予定)などがある。

お待たせしました!大人気の臨死体験エピソード集、「死ぬかと思った」をパロディギャグの帝王、田中圭一がコミカライズする「死ぬかと思ったH」シリーズの第3弾の登場です。巻を重ねるごとにオリジナル新ネタも増え、内容のギリギリ度は増すばかりですが、2年越しでひたすらしょうもうないネタを集め、スレスレの筆致で描き続けてきた成果が込められた、漫画業界の常識を吹き飛ばす脅威の全頁書き下ろし作品です。夏休みのお供にぜひぜひ!

関連リンク

Link