カテゴリ  生活  生活・建築  賃貸生活 A to Z

賃貸生活 A to Z

秋津 智幸

本体価格: 1300円+税


判型:四六 /並製
ページ数:224
初版年月日:2012/02/08
ISBN:978-4-7572-2026-3
ASIN:4-7572-2026-X

知っておくと得する、引っ越し&部屋探しの“裏ワザ”満載!
あなたの新生活を応援します!

不動産コンサルタントの著者が、賃貸住宅を借りるときに知っておきたい基本的な知識から、知っておくと得する裏ワザまでを紹介します。
まず、【Part1 部屋探し&引っ越しのA to Z】では、不動産屋さんの店頭に貼ってある物件情報チラシの正しい見方、部屋探しから入居までの流れ、良い不動産屋さんを見つけるテクニックなどを教えます。次に、【Part2 入居中&更新時のA to Z】では、入居中によくある疑問やトラブル、入居中に家賃交渉するテクニックなどを紹介。そして【Part3 退去時のA to Z】では、退去時によくある疑問やトラブルについて解説します。

たとえば…
◆インターネットで良い部屋を探すテクニック
◆契約前に家賃を下げるテクニック
◆不動産屋さんに自分の希望をうまく伝える方法
◆いちばん得する入居日&退去日の決め方
◆引っ越し費用を安く抑えるコツ
◆どうして火災保険に加入する必要があるのか?
◆新しい部屋の採寸はいつできるのか?
◆更新料は絶対に払わないといけないのか?
◆退去したいとき、大家さんにはいつ知らせるべきか? etc.

巻末には、「賃貸住宅の用語集」と、物件下見時や採寸時などの各場面で活用できる「場面別・お役立ちリスト」付き。

これから新生活を始める人、はじめて部屋探しをする人、いまの住まいに不満のある人にとっては必携の1冊といえます。理想の家で、快適に暮らすテクニックをぜひ覗いてみてください。

目次

Table of contents

はじめに

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Part1 部屋探し&引っ越しのA to Z
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆物件情報チラシと間取り図の正しい見方
1Rと1Kの違いとは?
ロフトとは何か?
1DKと1LDKの違いとは?
間取り図の「S」とは?
部屋の面積はどう計算しているのか?
マンションとアパートはどう違うのか?
分譲タイプと賃貸専用タイプはどう違うのか?
築年数を見るときの注意点は?
駅まで徒歩○分は本当か?
「眺望良好」の本当の意味は?
「閑静な住宅街」の本当の意味は?
小さい文字の部分に重要なことは書かれているのか?

◆賃貸住宅の募集のしくみ
入居者/大家さん/不動産屋さんは、どのような関係か?
不動産屋さんの役割(1)——入居者募集
不動産屋さんの役割(2)——賃貸管理(建物と入居者の管理)
家賃はどうやって決まっているのか?
どうすれば家賃の相場がわかるのか?
どうしてさまざまな入居条件があるのか?
どうして同じ物件なのにお店によって条件が違うのか?
入居審査では、どこを確認しているのか?
どのような手順で入居審査があるのか?

◆部屋探しから入居までの流れ
(1)賃貸物件の募集告知
(2)問い合わせ&物件下見
(3)入居申し込み(応募)
(4)入居審査
(5)賃貸契約
(6)入居

◆連帯保証人と保証会社について
連帯保証人の役割とは?
保証会社の役割とは?

◆入居時に必要なお金について
どうして仲介手数料がいるのか?
どうして礼金がいるのか?
どうして敷金がいるのか?
どうして火災保険に加入する必要があるのか?

◆初期費用が安くなるからくり
どうして「礼金ゼロ」「敷金ゼロ」の物件があるのか?
「フリーレント」のしくみとは?
どうして「引っ越し費用無料」の物件があるのか?

◆不動産屋さんのタイプと見分け方
(1)賃貸専門の不動産屋さん
(2)地域に密着した地元の不動産屋さん
(3)売買専門の不動産屋さん
(4)投資物件専門の不動産屋さん

◆良い不動産屋さんを見つけるテクニック
より良い不動産屋さんに出会う方法は?
より良い営業マンとはどんな人か?
より良い営業マンを見分ける方法は?
営業マンに自分の希望をうまく伝える方法は?

◆不動産屋さんのテクニックに負けない方法
vs.問い合わせ件数や来店者数を増やすテク
vs.入居申し込み者数を増やすテク
vs.マイナス要素を隠すテク
vs.不動産屋さんにメリットのある物件を紹介するテク
vs.営業マンのセールストーク

◆インターネットで良い部屋を探すテクニック
(A)不動産会社と直接つながっているポータルサイトを見る
(B)他社と情報を共有しない、大手賃貸不動産会社の自社サイトを見る
(C)情報企業が運営している不動産情報ポータルサイトを見る
(D)自社ブランドの物件を管理している不動産会社の自社サイトを見る
(E)地域に密着した不動産屋さんの自社サイトを見る
(F)大手ポータルサイトの不動産情報ページを見る

◆物件の正しい選び方
(1)自分の希望条件を具体的に決める
(2)希望条件に優先順位を付ける
(3)急ぐときは、いち早く部屋探しを始める
(4)住みたいエリアに詳しい、信頼できる人に同行してもらう
(5)有利な時期を選んで部屋探しをする
(6)まわりの環境の「昼の顔」と「夜の顔」を調べる
(7)物件の匂いなどをチェックしておく

◆家賃を下げるテクニック
家賃交渉はできるのか?
(1)家賃以外の条件とセットで交渉する
(2)欲張った交渉はしない
(3)「この家賃に下がれば必ず契約する」と約束する

◆さまざまな入居のかたち
マンスリー物件、ウィークリー物件とは?
シェアハウス、ゲストハウスとは?
1Rにふたりで入居できるのか?
ワケあり物件とは?

◆公的な賃貸住宅について
公的な賃貸住宅の種類と役割とは?
礼金、更新料、手数料がいらない
収入によっては家賃が安くなる
定期的に建物を修繕している
高齢者も安心して住める
単身者が入居できる物件はあるのか?
公的な賃貸住宅の入居資格とは?
どうすれば入居できるのか?
公的な住宅をうまく活用するには?

◆ファミリー向け物件の選び方
駐車場の有無にこだわる必要はない
一戸建てにも家賃の安い物件がある
ファミリー向けなら公的な住宅も候補に

◆契約するときの重要な確認事項について
重要事項説明書には何が書かれているのか?
契約書のなかでいちばん注意すべきことは?
提出資料のどこを見られているのか?

◆引っ越し前を効率的に過ごす方法
いちばん得する入居日と退去日を決める
新しい部屋の採寸はいつできるのか?
採寸のとき部屋のどこを測れば良いのか?

◆良い引っ越し業者の選び方
良い引っ越し業者を見極めるコツは?
引っ越し費用を安く抑えるコツは?

◆引っ越し前後の注意点
まずは役所で「住民票」を移す
そのほか住所変更が必要なもの
ゴミ出しルールを確認する
鍵は複製しても良いのか?

◆基本的な設備のはなし
「電気」——周波数と照明器具に注意
「ガス」——ガスの種類や地域ごとの違いに注意
「水道」——最初に出てくる水に注意
「インターネット」——通信環境や電波状況に注意


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Part2 入居中&更新時のA to Z
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆入居中によくある疑問
借りた部屋は、どこまで自由に模様替えできるのか?
どこまでが大家さんの負担で修繕してもらえるのか?
入居中に自分の状況が変わったら連絡すべきか?

◆入居中に家賃交渉するテクニック
家賃交渉は口頭で良いか? 文書で依頼すべきか?
どのくらいの金額まで交渉できるのか?
家賃交渉の成功率を上げるコツは?

◆更新料について
更新料は絶対に支払わないといけないのか?
更新料の交渉はできるのか?

◆入居中によくあるトラブル
入居前の不具合が直っていない
鍵をなくしてしまった
共用部分が故障した
近隣の迷惑行為で困っている
水漏れした
火災が起こった
盗難された
家賃を大幅に値上げされた
部屋の設備を壊してしまった
管理会社がトラブルに対応してくれない
大家さんがトラブルに対応してくれない
民事調停の概要
家賃が払えない
それでも家賃が払えない
急に「立ち退き」を要請された


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Part3 退去時のA to Z
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆退去時によくある疑問
大家さんにはいつ知らせるべきか?
自分で模様替えした箇所はどうなるのか?
借りていた鍵は返すべきか?
入居時に支払った敷金は返ってくるのか?

◆退去時によくあるトラブル
壊していないところまで修繕費を請求された
退去清算費用が高すぎる
預けた敷金を返してもらえない
少額訴訟の概要

おわりに


◆◆◆◆◆◆
コラム
◆◆◆◆◆◆

(1)地域によって大きく異なる日本各地の賃貸住宅の「慣習」
(2)ブログの検索キーワードにみる賃貸住宅にまつわる「悩み」


◆◆◆◆◆◆
付 録
◆◆◆◆◆◆

◆賃貸住宅の用語集

◆場面別・お役立ちリスト
(1)物件下見チェックリスト
(2)採寸チェックリスト
(3)不具合チェックリスト
(4)住所変更連絡先リスト
(5)退去立ち会いチェックリスト

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

 秋津智幸(あきつ・ともゆき)

不動産コンサルティング技能登録者
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー(AFP)

横浜国立大学卒業後、神奈川県住宅供給公社に入社。公的デベロッパーである同社にて、分譲マンション、一戸建て、宅地、高齢者住宅などの新規不動産販売部門に従事し、提携各社の販売手法も学ぶ。また、同社賃貸住宅部門にて、賃貸住宅の募集、管理などの業務にも従事。自らのスキルアップのため、不動産仲介と不動産投資を学ぶべく、準公務員を辞め、不動産投資専門の仲介会社へ転職。さらに前職である株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを経て、独立。現在は不動産相談専門の「不動産サポート.JP」を開設し、これまでに培った不動産に関する知識と経験を活かし、個人、法人を問わずさまざまな不動産に関する相談に対してアドバイスなど真摯に取り組むほか、執筆、各種セミナーを展開している。自らもアパート、区分マンションを所有するオーナーとしての顔も持つ。

「より良い部屋で、より快適に暮したい」という願いは、だれにでもあると思います。私も数年前、そう願って引っ越しをしました。自分で部屋探しをするのは初めてだったのですが、賃貸住宅についての知識が乏しく、たった1日で、あまり希望に沿わない物件で妥協して決めてしまいました(洗濯機置き場が室外、防音性が低い、冬は寒い、家賃がちょっと高め…etc.)。それから6年近く、小さな不満を抱えながら暮らしています……。

 今回、秋津さんからいろいろと教わるなかで、数年前の部屋探しで不動産屋さんのテクニックにまんまと負けていた! ということに気づきました。たとえば本書P70にある「ブス・ブス・美人」の法則。「不動産屋さんは物件案内のときに、いちばんオススメの部屋を最後に見せる」というものなのですが、たしかに私も1日に3件をまわって最後に見た部屋で(まあまあ許容範囲だったので)決めました。また、P75にある「この物件は、今日申し込みしないと明日には決まってしまいますよ」という言葉。たしかに聞きました。そして慌てて契約してしまったのです……。

 こんな私ですが、次に引っ越しをするときは、もっと効率良く、自分の希望に合った部屋を見つける自信があります。これから部屋探しをする人にも、ぜひ読んでおいてほしい1冊です。

関連リンク

Link