カテゴリ  生命  ヘルス  あたらしい自分になる本

SELF CLEANING BOOK

あたらしい自分になる本

服部 みれい

本体価格: 1300円+税


判型:四六 /並製
ページ数:232
初版年月日:2011/02/07
ISBN:978-4-7572-1880-2
ASIN:4-7572-1880-X

なんとなくからだが不調だったり、人間関係に悩んでいたり、先の見えない不安を抱えていたり。そんなとき、「あたらしい自分」に生まれ変われたら、どんなにいいと思いませんか?

完売続出で話題の雑誌『マーマーマガジン』の編集長である著者が、体当たりで試した数々の体験をもとに、からだもこころも、たましいも(!)、自分の力で浄化する方法を厳選し、ご紹介します。

冷えとり健康法の進藤幸恵さん、アーユルヴェーダの蓮村誠先生、ホ・オポノポノのイハレアカラ・ヒューレン博士のインタビューも収録。いまよりも、もっとかろやかに甘く生きるための、具体的なヒントがいっぱいつまった一冊です!

目次

Table of contents

わたしがあたらしい自分になっていったはなし まえがきにかえて

1. からだからあたらしくなる
冷えとり健康法のこと
アーユルヴェーダ
白湯のはなし
食べものと食べかた

2. 身のまわりのものからあたらしくなる
部屋の大浄化作戦
布ナプキン
服のはなし

3. こころ、そしてたましいからあたらしくなる
アファメーション
瞑想のはなし
ホ・オポノポノ

4. 達人たちに会ってきた
進藤幸恵さん
蓮村誠さん
イハレアカラ・ヒューレン博士

あたらしい自分になっていくときに起こりうるリスト
あとがき

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

 服部みれい(はっとりみれい)

編集者・ライター。『マーマーマガジン』(フレームワークス=刊)編集長。冷えとりグッズを扱うmmsocks(www.mmsocks.com)主宰。雑誌での連載をはじめ、『冷えとりガールのスタイルブック』(主婦と生活社刊)ほか、ホリスティックな医療に関する書籍の企画・編集も多数。自著に『なにかいいこと 自分をほどく知恵のことば』(イースト・プレス刊)、『ストロベリー・ジュース・フォーエバー』(マーブルトロン/中央公論新社刊)がある。

本の制作時は、著者の服部みれいさんの事務所に、ほとんど毎日通っているような状態だったのですが、服部さんの日常に、本書でご紹介している知恵が、とても自然に入り込んでいるのを目撃してきました。たくさんの靴下の重ねばき&湯たんぽをして(でも上半身はものすごい薄着で)お仕事をしている姿、朝一番に白湯を沸かし、すすっている姿、原稿を書く前に、瞑想をしている姿……etc. 健康法などを試すのが好きという人はたくさんいますが、ここまで真摯に取り組み、咀嚼して自分のものにしている人は、いないのではないかな、と思います。

ほんの数年前はボロボロだった(詳しくは本書を)、というのが信じられないほど、いつも元気で、こころもからだもピカピカと輝いている現在の服部さんですが、それを支えているのは、毎日のこうした取り組みなのだと、つくづく思い知ったのでした。私自身、冷えとり健康法や白湯飲みをはじめて、確実に体調がよくなっているのを実感しています。

「あたらしい自分」をつくるのは、ほかの誰でもない、自分自身。体調や精神面、人間関係などで悩みを抱えて動けなくなっている人がいたら、一歩踏み出して、一つでも本書でご紹介している知恵を、試してみていただけたら、と思います。

関連リンク

Link