カテゴリ  生活  サブカルチャー  味写入門(あじしゃにゅうもん)

味写入門(あじしゃにゅうもん)

天久 聖一

本体価格: 1000円+税


判型:B6変 /並製
ページ数:128
初版年月日:2010/04/02
ISBN:978-4-7572-1770-6
ASIN:4-7572-1770-6

「ほぼ日刊イトイ新聞」に4年にわたって連載された人気企画「天久聖一の味写入門」が一冊の本になりました! 「知らないあいだにへんなものが写ってた!」「なぜ撮ったのかまったく意図がわからない……」。そんな「失敗」写真も見方を変えれば、味わい深い�お宝ショット�に大変身。失敗と偶然が絶妙の効果を発揮した「味のある写真」=「味写」。神のイタズラとしか思えない名作の数々を、『バカドリル』などで知られる奇才・天久聖一さんが膨大な味写の中からセレクション、新しくコメントを加えて案内します。

目次

Table of contents

・味写解説「味のある写真」(天久聖一)
日常の福音/最後の歌姫/秘められた情念/宴会レポーター/不都合な真実/旧ドリカム編成/おじいさんの湯気/スポンサー募集/日本の美意識/ボクと兄貴と、ときどきオトン/俺についてこい/商売上手/心霊赤ちゃん/グダクダこども会/穴場スポット/爆笑レッドカーペット/不気味で間抜け/新郎、出オチ/グラサン葬/前衛少女/こども、後ろ!/雨上がりの空に/ムチ打ちの星/ガンダム婦人/辰っちゃんの恩返し/珍世界遺産/一枚の迷宮/バズーカ砲/アクションカメラマン/ダースベーダーおばちゃん/昭和のライダー/実写版アンパンマン/古い顔の末路/少女A/天文学的確率/火サス/コンタクト探し部/時代は「絵子」/早い早ぁ〜い/誕生日エスパー/1の概念/焼肉ハンター/ガチンコ商法/和製ジャック・ニコルソン/トラウマひな祭り/中国のEXILE/仮面の告白/ブランコパワーで自信回復/綿菓子おじさん/「無い」/反省会/小学生の裏技/小悪魔フォトセッション/上海ラブストーリー/どんと来い! 熱中症!/グラビアじいさん/シンクロナイズド睡眠/ライクアローリング/ハトおじさん/天の邪鬼/森の幼稚園児/集合写真/無垢な心/深まる謎/長男が逃げたから/真打ち登場/いま考えた儀式/セクハラ以前/くのいち/目指せ歌姫/楳図タッチ/無重力犬/お兄ちゃん静かにして!/ドラえもん電車/オヤジがふわり/惣菜は愛/全ピラフ制覇/旅先の工事現場/サイケデリック国際交流/汚れちまったサイコロに/残念な雪だるま/サーチ&デストロイ/ニモおばさん/焦れば焦るほど/霊園マスコット/雪だるま師匠/シンプル自己紹介/女だらけのスイカ割り/生類憐れみの令/ダンボール授与
・味写対談「かせきさいだぁ≡×天久聖一」

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

 天久聖一(あまひさ・まさかず)

 1968年、香川県生まれ。89年、漫画家としてデビュー。以来、主にマンガ以外の分野で活躍中。株式会社来夢来人代表取締役。著書に『バングラデシュ日本』(太田出版)、『新しいバカドリル』(ポプラ社)、『バカはサイレンで泣く』(扶桑社)、『ブッチュくんオール百科』(ソニーマガジンズ)ほか。ほかに、電気グルーヴのPVも手がけ、『モノノケダンス』はスペースシャワーTVの「ミュージックビデオアワー09」で年間最優秀作品に選ばれた。

糸井重里さんからも帯にコメントをいただいております。「プロには無理。写真界の最終兵器、それが味写だ!——糸井重里」。まさにプロのカメラマンには考えられない味写の数々が、この一冊に詰まっています。カバーの写真になった究極の家族の肖像「ボクと兄貴と、ときどきオトン」、いくつもの偶然が奇跡を起こした「おじいさんの湯気」、世界遺産をみごとに台無しにした「珍世界遺産」、卒業式で流した涙を赤の他人のおばさんにみごとに持っていかれた「くのいち」などなど。それらの写真が、天久聖一さんの絶妙なタイトル、新たに書き下ろされた�味わい�コメントといっしょに、脱力感あふれる稀有な世界をつくりだしています。巻末には、かせきさいだぁ≡さんと、これまた絶妙、脱力な味写対談も入っております。ぜひ、味わってみてください。

関連リンク

Link