カテゴリ  生活  風景写真集  工場ディスカバリー

工場ディスカバリー

小林 哲朗

本体価格: 2200円+税


ページ数:128
初版年月日:2010/03/10
ISBN:978-4-7572-1749-2
ASIN:4-7572-1749-8

人気ブログ「廃墟ディスカバリー」および同名写真集で知られるフォトグラファー、小林哲朗が撮った巨大工場とコンビナート。高炉、タンク、煙、鉄管がひしめく圧倒的迫力。そして超フューチャリスティックで幻想的なメカワールド。足掛け5年に渡り、全国で撮りためた膨大な工場写真から厳選。渾身の作品集!

・・・・・・・・・・・・

■『工場ディスカバリー』正誤訂正のお知らせ

p.80、p.88、p.126に記載の「広島県周南市」は、正しくは「山口県周南市」となります。

読者の皆さま、および関係者の方々にこころよりお詫び申し上げます。

株式会社アスペクト

目次

Table of contents

■製鉄・製鋼所
■セメント工場
■製油工場
■化学工場
■発電所
■石油精製工場
■クレーン
■下水処理場
■三重県四日市工業地帯
■食品加工工場
■山口県周南市の巨大工場
■採石場
■造船場
■食塩工場
■製紙工場
■非鉄金属工場
■失火宇岡山県水島工業地帯

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

小林哲朗

1978年兵庫県生まれ。フォトグラファー。廃墟、工場、巨大建築物などを中心に撮影。廃墟探索ブログ「廃墟ディスカバリー」(http://blog.livedoor.jp/kobateck/)を運営。「Esquire」主催デジタル写真賞2007−2008フォト&ブログ部門グランプリ受賞。日本フォトコンテスト・デジタル部門金賞受賞。「ワンダーJAPAN 巨大工場×総特集号」などに写真提供。著書に『廃墟ディカバリー』『廃墟ディスカバリー2』、共著書に『ニッポン地下観光ガイド』(すべて小社)。

昨年の秋、小林さんの「実は僕、廃墟だけでなく、工場の写真もずっと撮っているんです。これ、1冊にできませんかね?」という言葉とともに、目の前に、ばさっと広げられた大量の工場写真。ひと目見て、圧倒的な巨大工場と荒々しい機械群から放たれる迫力に息を呑んだ。そして、夜景のディストピア的な美しさに絶句した……工場萌えな人もそうでない人も、ぜひご堪能ください。

関連リンク

Link