カテゴリ  生活  サブカルチャー  NYLON100%

NYLON100%

ばるぼら 100%Project 監修

本体価格: 2400円+税


判型:A5 /並製
ページ数:400
初版年月日:2008/08/01
ISBN:978-4-7572-1449-1
ASIN:4-7572-1449-9

 NYLON100% の誕生30周年を記念して“伝説”のスポットの全貌を探る。

 カフェ『NYLON100%』に集った著名人の証言と詳細な資料を軸に、当時のエピソードやその感性の源を訪ね、80年代、時代と共に「趣味」からやがて「娯楽」へと移りゆく日本のサブカルチャーの起源を辿るエンサイクロペディア大全。

<本書に登場する証言者・関係者>
上野耕路/太田螢一/大槻ケンヂ/加藤賢崇/管野秀夫/岸野雄一/久保田慎吾/KERA/小塚類子/サーシャ/サエキけんぞう/坂本みつわ/椎橋夏奈子/関川誠/高木完/地引雄一/戸川純/常盤響/中村直也/野々村文宏/林茂助/羽良多平吉/平沢進/Phew/ブラボー小松/巻上公一/増戸実/山口優/米原康正(五十音順)

目次

Table of contents

プロローグ


ナイロン100%/100%プロジェクトのイベント年譜


【PRE-NYLON】
渋谷にある「めいじどうり」は暗くアングラの香りが残っていた。
・・・渋谷のロック喫茶“めいじどうり”

中村直也(その一)
管野秀夫(その一)
ブラボー小松(その一)


【NYLON 1978】
1978年にできた「ナイロン100%」は白くてプラスチックだった。
・・・1978年、ナイロン100%のはじまり

中村直也(その二)
管野秀夫(その二)
地引雄一
坂本みつわ
米原康正


【NYLON 1979】
人々は集まりだし店内やそれ以外でライヴやイベントをはじめた。
・・・1979年、ナイロン100%の盛行

中村直也(その三)
巻上公一
中村直也(その四)
久保田慎吾
高木完
野々村文宏
中村直也(その五)
Phew
戸川純


【NYLON 1980】
店長はレコードを作り雑誌で連載をはじめ忙しくなっていた。
・・・1980年、100%プロジェクト

中村直也(その六)
サエキけんぞう
平沢進
関川誠
小塚類子


【NYLON 1981】
環境は少しずつ変わりはじめ最初の店長は辞めることにした。
・・・1981年、シーン再編と拡散

上野耕路
太田蛍一
ブラボー小松(その二)
サーシャ
中村直也(その七)


【NYLON 1982-1985】
新しい店長は新しい人々と一つずつ前とは違う形にしようとした。
・・・1982年以降、後期ナイロン100%

増戸実(その一)
加藤賢崇
岸野雄一
KERA
大槻ケンヂ
増戸実(その二)
林茂助&椎橋夏奈子(その一)
山口優
常盤響


【NYLON 1986】
1986年の春に「ナイロン100%」はさよならの挨拶をした。
・・・1986年、ナイロン100%のおわり

林茂助&椎橋夏奈子(その二)
増戸実(その三)


エピローグ


証言者プロフィール


参考文献


付録・初期日本のパンク/ニューウェイヴ年表1976-1981

その他情報

Other Information

【著者プロフィール】

 ばるぼら

 ネットワーカー。古雑誌収集家&周辺文化研究家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)。共著に『ノーディスク・ミュージックガイド』(ライブドア・パブリッシング)『世界のサブカルチャー』(翔泳社)など。最近はWEBスナイパーで「天災編集者!青山正明の世界」、『アイデア』で「同時代デザインの文化誌」を連載中。『NYLON100%』は、以前制作したミニコミ『BET』で吉祥寺マイナーについて取りあげたのをきっかけに著者に起用されたらしい。