カテゴリ  人生  経営  アップル・コンフィデンシャル 2.5J(上)

Apple Confidential 2.5J

アップル・コンフィデンシャル 2.5J(上)

〜世界一スタイリッシュでクレージーなコンピュータ企業の30年

オーウェン・W ・リンツメイヤー 林 信行 共著 武舎広幸+武舎るみ 翻訳協力 鈴木 成一デザイン室 装丁

本体価格: 2000円+税


判型:四六
ページ数:400
初版年月日:2006/05/09
ISBN:4-7572-1254-2
ASIN:4757212542

 栄光、転落、そして奇跡の復活! iPod、iTunesミュージックストアで世界を席巻! いま最も革命的なITビジネスモデルのルーツに迫る米国版に大幅加筆、アップル インサイド・ストーリーの決定版。写真・図版を多数収録。世界を変えた天才たちの姿を描くビジネスノンフィクションの傑作、日本上陸です。

目次

Table of contents

第1章 奇跡の転換をもたらしたiPod
第2章 アップル創世記
第3章 ウォズの放浪
第4章 アップルIIIの大失敗
第5章 コード名のすべて
第6章 億万長者マニア
第7章 昨日の敵は今日の友
第8章 夢に終わったIBMとの蜜月
第9章 ゼロックスより愛を込めて
第10章 マッキントッシュ開発秘話
第11章 マッキントッシュ・インサイダーズ
第12章 ほとんど放映されなかった偉大なコマーシャル
第13章 プレスの目を引くマック
第14章 マッキントッシュ製品年表
第15章 1985年と1984年の決定的な違い
第16章 通信事業のつまずき
第17章 ジョン・スカリーの目覚ましい出世と驚くべき転落
第18章 ウィンドウズ——何がまずかったのか?

その他情報

Other Information

【著者紹介】

オーウェン・W・リンツメイヤー(Owen W. Linzmayer)
ユーザーインターフェイスのコンサルタント兼フリーランスライター。サンフランシスコ在住。1980年代から、マック関係の書籍、雑誌記事の執筆を中心に活動している。アップル・トレーニングシリーズ(Peachpit Press)の編集のほか、ウェブサイト「InformIT」(http://www.informit.com/)において「マッキントッシュ・リファレンスガイド」コーナーのホストを務めている。

林 信行(はやしのぶゆき)
ITジャーナリスト。日本経済新聞や「R25」をはじめWebニュース媒体やパソコン雑誌に寄稿。MacPeople誌とMAC POWER誌(ともにアスキー)では長年アドバイザーを務めた。マイクロソフト社Webサイトでの連載「Apple's Eye」が有名。日本だけに止まらず英米仏韓の媒体にも記事や写真を提供している。アップルの動向には、79年から注目し、90年から本格的取材をしている。スティーブ・ジョブズ復帰や初代iPod発表も直に取材した。ほかにマックカルチャーを綴った「The Cult of Mac」(リアンダー・ケイニー著/エスアイビー・アクセス社刊)を監訳。

 iPodを世界中で大ヒットさせたアップルコンピュータ。その始まりは、2人の若者がガレージで作り上げたコンピュータでした。その後、急成長したアップルは、新時代のパソコン「マッキントッシュ」を生み出し、一気にパソコン業界の頂点にのぼりつめる。しかし、経営陣の失策、そしてウィンドウズの台頭により、その繁栄にかげりが見え始めてきた……。知られざるアップル30年の歴史を克明に描いたリアル・ストーリーの決定版、お待たせしましたついに完成です。