カテゴリ  人生  経営  BMW物語

BMW物語

デイビッド キーリー嶋田 洋一

本体価格: 1900円+税


判型:四六判
ページ数:440
初版年月日:2004/12/22
ISBN:4-7572-1096-5
ASIN:4757210965

“本物”を追求するすべての人々から羨望を集める“BMWブランド”。
その核心とは何か?

「世界で最も優れた自動車ブランド」と称讃されるBMW社。
一貫したポリシーに基づく製品開発からマーケティング戦略、
そして徹底した秘密主義の大株主・クヴァント家まで…

その全貌を克明に記したビジネスマン必読のノンフィクション!

各紙誌書評絶賛!日本経済新聞、産経新聞、日経ビジネス他数多くの経済関係のメディアで取り上げられています。重版出来!全国主要書店、オンライン書店共に好調な売れ行きです。

目次

Table of contents

  イントロダクション
 1 究極のマシン
 2 究極の歴史
 3 究極の一族
 4 究極のブランド
 5 究極のスタイリスト
 6 究極の大失敗
 7 究極のブランド戦略
 8 究極の水素未来  
  エピローグ:究極の外観  
  謝辞

その他情報

Other Information

【著者略歴】 デービット・ギーリー/
自動車業界を中心に15年のキャリアを持つジャーナリストで、現在はUSA Today紙のデトロイト支局長。業界誌や一般誌、テレビなどのメディアで自動車アナリストとして活動する。著書にフォルクスワーゲンの人気の衰退と復活を描いた『Getting the Bugs Out: The Rise, Fall, and Comeback of Volkswagen in America』(2001/10/12) がある。

 BMWを「最も安定した、強靱な、奥の深いブランド」と自動車ジャーナリストの著者は表現する。それを構築できた背景には、一貫したポリシーに基づく製品開発、マーケティング戦略などがあると言う。

 BMWは常に、「走りに完璧な歓びを求める人の欲望を満たす高速・高性能の車」をテーマに新車開発を進めてきた。1970年代に「究極のドライビングマシン」という広告コピーを作って以来、このメッセージを変更していない。自動車業界で5年間同じブランド方針を守り通す企業はめったにない。一貫して運転の歓びを追求してきたことこそ、BMWブランドの神髄だと著者は分析する。その成功を担った重要人物として、前製品開発担当役員のヴォルフガング・ライツレ氏、デザイン担当役員クリス・バングル氏の2人を取り上げ、彼らが、製品にどのような影響を及ぼしたかも解説する。

 一方、40年にわたる経営の唯一の失策として94年のローバー・グループ買収を挙げる。結局、ローバーはBMWの足を引っ張るものでしかないと判明し、2000年に売却したが、総額80億ドル以上の損失を計上した。この経験はBMWが自らのブランドや価値を見直し、再評価するきっかけになったと意義づける。(日経ビジネス 2005/02/07 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

日刊ゲンダイ書評から「究極のブランド戦略の核心に迫る」

 BMWが「世界で最も賞賛される自動車メーカー」と言われているのは何故か? その最大の理由は、BMWブランドの高い信頼性にある。創業以来「運転する歓び」を追求した自動車だけを作り続けているBMWは、時代の流行を追うことも顧客の意見に左右されることも絶対にない。

 さらに、30年以上一貫して、「究極のドライビング・マシン」あるいは「駆けぬける歓び」というキャッチフレーズを使い続けていることからも、その高い信頼性と、それに裏打ちされたブランド力を知ることができる。 本書はBMWの歴史を追いながら今日の成功にいたるまでの軌跡を解き明かしたビジネス・ノンフィクション。 中でも、今まで決して語られることがなかった大株主・クヴァント家の実態は、注目に値する。自動車業界だけでなく、マーケティング戦略やブランド戦略に携わるすべてのビジネスマンにとって必読の一冊だ。

From the Back Cover(original)
Praise for Driven

"A lot of us in the auto industry watch and study BMW closely because it does so many things right. Lately, it has made many controversial choices in designs and new products that are testing its track record. David Kiley does an excellent and timely job of exploring what has been right about BMW and asking the right questions about whether it will continue to lead the industry in brand and product focus and excellence. A fascinating read."
--Bob Lutz
Vice Chairman of General Motors and author of Guts: 8 Laws of Business from One of the Most Innovative Business Leaders of Our Time

"David Kiley has captured the unique DNA of BMW and presents it in a straightforward and readable manner. He gets at the essence of the BMW brand and what makes it tick."
--J. D. "Dave" Power lll
Founder, J. D. Power and Associates

"David Kiley takes you under the hood at BMW to show why it is one of the most successful automakers in the world. The secret to the company’s success is also the secret to Kiley’s book: an emphasis on quality and attention to detail. Throw in Kiley’s ability to weave together juicy details and intricate stories, and you end up with a fascinating book."
--Adam L. Penenberg author of Tragic Indifference and Spooked

 本書は、世界に名だたる自動車メーカーであるBMW社について、その歴史からブランド戦略、マーケティング戦略…、またBMWを語る上では極めて重要な存在である大株主・クヴァント家などについて記された企業読み物、BMW社の成功物語である。

 著者は、USA TODAY紙のデトロイト支局長であり、自動車ジャーナリストとして活躍するデービット・キーリー。自動車業界に精通した著者が、様々なデータやエピソードを織りまぜながら、BMWの成功秘話を詳細にひもといてゆく。

 特筆すべきポイントは、その徹底した秘密主義から欧米でもほとんど知られることのないクヴァント家に関する記述である。その内容は、スキャンダラスな要素を含むものの、BMWの堅実な経営を支える上では欠かせない部分であり、ただし、その記述に辛辣さはなく、不快感を覚えず読むことができる。

 本書には、BMWファンのマニアックな知的好奇心を満足させるだけの情報が全編を通じて詰まっており、また、流行に左右されない経営戦略やブランド戦略などは、ビジネスマンにとっても学ぶ点は多いはずだ。自動車業界の今後の動向を知るためにも示唆に富んだリポートである。 (塚田)

海外での各誌書評も掲載します。是非ご一読下さい。(小関)
From Book News, Inc.
Aimed at automobile enthusiasts and business people, this text tells the story of how BMW became the most respected car producer and one of the most profitable automakers in the world. Drawing upon company records and interviews with top executives, automotive journalist Kiley (USA Today) examines the company's business practices and marketing strategies and introduces readers to the secretive and mysterious Quandt family, which has owned a controlling stake in BMW since 1959.Copyright© 2004 Book News, Inc., Portland, OR

From the Inside Flap
BMW is perhaps the most admired carmaker in the world-renowned for a level of luxury and performance that inspires near-fanatical loyalty in its customers. While other carmakers struggle with falling sales even with hefty rebates, BMW can’t seem to make cars fast enough. Combining world-class engineering, intelligent management, and a unique corporate culture, BMW produces consistently superior cars that are the most benchmarked vehicles in the industry.
In Driven, David Kiley presents an inside look at the fabled automaker, revealing the business philosophy and practices that make BMW more than just another carmaker, and the unsurpassed quality that makes a "Bimmer" more than just a car. With uncommon access to BMW executives and records, Kiley explains how the company emerged from the wreckage of World War II to become the most respected car producer and one of the most profitable automakers in the world.

Kiley examines the business practices that put BMW on top, and the marketing efforts that keep it there. BMW’s brand strength and knack for developing the most sought-after cars in the world inspire jealousy and admiration among marketers everywhere. Its well-crafted brand message-The Ultimate Driving Machine-is widely admired for its clarity and consistency, just as BMW’s cars are admired for their authenticity and performance.

More than just a company, BMW is an iconic symbol of the successful rebirth of German industry. For the first time in the U.S. media, Kiley introduces readers to the family behind BMW’s success-the mysterious and secretive Quandts. Behind the walls of the family compound in Bad Homburg lives Johanna Quandt, one of Europe’s wealthiest and most reclusive women, and her equally wealthy adult children, Stefan and Susanne, who successfully engineered a management coup in 1999. Driven not only tells the story of BMW, but also the story of one of the most powerful families in Europe.

Excepting the occasional speed bump, BMW has seen more than four decades of steady growth and success. Kiley explores the company’s ups and downs from top to bottom, including the disastrous acquisition and eventual divestiture of the British Rover Group and the controversial hiring of head designer Chris Bangle. For business leaders who want to emulate the company’s excellence, Driven digs deep to reveal the practices that make BMW the king of the road.